祝日は元旦が始まりになる

サンプルイメージ

私たちの住む日本の祝日は1月から12月までいろいろありますが、そんな中でも始まりである元旦は、1年の始まりでもあり特別な祝日といっても良いでしょう。この元旦が日本の祝日と制定されたのは、太平洋戦争後の1948年で、意外と歴史は浅いんだなという感覚を持たれた方も多いのではないでしょうか。

古来より1年の最初の日である1月1日は、すべてのものに命を与えてくれる歳神様をお祭りするために、様々な行事が行われてきました。そののち法律で、年の始まりを祝う日として、日本の祝日と決められたようです。さて、私たちが当たり前のように年賀はがきなどにも書いている元旦という言葉は、実は元日である1月1日の朝を指しているといったことは、あまり知られていないのかもしれません。

確かに元日の朝というものは、いつもとは違った空気が満ちているように感じられるもので、現代でもこの日の朝だけはしんとした静けさが漂い、何とも身の引き締まる新鮮で厳かな雰囲気がするものです。古来から行われてきた元日の風習も、今でも受け継がれているものはたくさんあり、歳神様をお迎えするために玄関に門松を飾ったり、鏡餅を備えたり、前日までに用意したおせち料理を食べたり、子供たちにとっては何よりも楽しみなお年玉を配ったりもしています。

日本の祝日としては、元日のみが当てはまりますが、官公庁は前年の12月29日から1月3日までを休日としており、一般企業でもこれに準じているところが多いようです。正月三が日などという言葉も良く聞かれるように、日本ではこの辺りは休日としてどこも取り扱われているといっても過言ではないでしょう。

さて日本の祝日は、前述したように昭和23年7月20日に公布、施行された国民の祝日に関する法律が基本となっていますが、その後も建国記念の日、敬老の日、体育の日が追加されており、また呼び名が変わった祝日もあります。平成に入ると、それまでの天皇誕生日がみどりの日に、皇太子誕生日が天皇誕生日になり、平成8年には海の日が新たに加えられています。

また成人の日もそれまでは15日と決まっていましたが、平成10年の祝日法の改変によって、平成12年より1月の第2月曜日と定められました。また近年では休みを多く取ろうという動きから、連休になるように祝日が組まれていることもあり、日月の連休が以前よりも増えたなと感じておられる方も多いのではないでしょうか。

メモ(役に立ったサイト)

Okinawa Repeater's Hotels
Choose the best accommodation deal for your trip

横浜のおすすめ優良引越し業者はムービングエス
信頼の引越安心マーク認定業者

鍵交換なら365日対応の鍵ドットコムにご連絡ください。
深夜まで対応しております。

Copyright(C) 祝日は元旦が始まりになる All Rights Reserved.